ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
  • ホーム
  • 保健指導に関する個人情報の共同利用について

保健指導に関する個人情報の共同利用について

大阪薬業健康保険組合では、健診後の保健指導(特定保健指導を含む 以下同じ)を通じて加入員の皆様の健康管理及び健康増進を図るため、保健師等専門職が生活習慣病のリスクのある方に保健指導を行っています。

この保健指導は基本的に保健指導対象者(特定保健指導対象者を含む 以下同じ)本人と個別に行いますが、場合により、保健指導の日程の調整や資料の配付などをご協力いただくため、事前に保健指導対象者の個人情報(保健指導対象者のお名前、保健指導支援コース)を事業所の担当者と共有、共同利用する必要性が生じます。


『個人情報保護法では、「あらかじめ本人の同意なく個人データを第三者に提供してはならないとされていますが、同法第23条第5項第3号において、特定の者との間で共同して利用される個人データについては、個人データを共同で利用すること、共同して利用される個人データの項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的及び当該個人データの管理責任者の氏名又は名称について、あらかじめ本人に通知し、又は本人が容易に知り得る状態に置いているときは、当該個人データの提供を受ける者は第三者に該当せず、個人情報取扱事業者は本人の同意を得なくても、個人データを提供することができる」とされています。』


以上を踏まえまして、大阪薬業健康保険組合と当組合加入事業所は、加入者の保健指導に関する個人情報について、次のように共同利用いたします。


  1. 1.共同利用する個人情報(個人データ)の項目

    保健指導対象者のお名前及び保健指導支援コース

    • ※健診結果データ及び指導相談内容は共同利用項目には含みませんので、事業所にお知らせすることはありません。
  2. 2.共同利用者の範囲

    大阪薬業健康保険組合と保健指導対象者が勤務する大阪薬業健康保険組合加入事業所

  3. 3.共同利用目的

    加入員の健康の保持・増進と中長期的な生活習慣病の抑制及び生活習慣病リスク保有者への適切な保健指導等を実施するため、大阪薬業健康保険組合と加入事業所が協力して保健指導等を進めることを目的としています。

  4. 4.個人情報の管理についての責任者

    大阪薬業健康保険組合

  5. 5.共同利用を望まれない場合

    ご加入の組合本支部までご相談ください。


    大阪薬業健康保険組合健康管理部 06-6941-6352
    大阪薬業健康保険組合神戸支部  078-221-6100
    大阪薬業健康保険組合京都支部  075-801-2905

保健指導は、健康保険法及び高齢者の医療の確保に関する法律に基づき実施しています。個人情報保護法改正により個人データの取扱いがより厳格化されましたので、改めてお知らせし、ご協力をお願いするものです。

ページトップへ